東京都 立川市で高村光雲の観音像を買い取らさせて頂きました

高村光雲 観音像

ご家族の遺品買取(遺品整理)のご依頼で伺いました。

「高村光雲」の観音立像の他、木彫の恵比寿・大黒像、銅器の仏像などをお譲り頂きました。

大きなサイズで重量のある作品が多数あり、搬出方法には検討が必要だと感じていましたが、駐車場所や台車、搬出ルートなどにご配慮して頂きましおかげで、スムーズに作業を進めることができました。

さらに、天候にも恵まれ助かりました。b-hare.gif

このたびは弊社にお声かけ頂きありがとうございました。icon_biggrin.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【高村光雲】
1852年3月8日 -1934年10月10日
仏師、彫刻家。
幼名は光蔵。高村光太郎、高村豊周(金工家人間国宝)は息子。写真家の高村規は孫。
≪経歴≫
嘉永5年(1852) 江戸下谷にて出生 旧姓は中島、幼名は光蔵
文久3年(1863) 仏師の高村東雲の元に徒弟となる。
明治7年(1874) 光雲の雅号を許される。東雲の姉の養子となる
明治10年(1877) 第1回内国勧業博覧会 白衣観音で龍紋賞受賞
明治19年(1886)東京彫工会設立
明治20年(1887)皇居造営、葡萄に栗鼠制作
明治22年(1889)東京美術学校に勤務
明治23年(1890)教授に就任、帝室技芸員。
明治26年(1893)『老猿』をシカゴ万博に出品。
明治30年(1897) 古社保存委員
明治31年(1898)上野公園「西郷隆盛像」木型制作(犬は後藤貞行)。
明治32年(1899)木彫レリーフ「江口の遊君(遊女)」制作。
明治33年(1900)『山霊訶護』をパリ万博に出品
明治40年(1907) 文展審査員
大正8年(1919) 帝国美術院会員
大正15年(1926)東京美術学校を退職し、名誉教授。
昭和4年(1929) 国宝保存会委員
昭和9年(1934) 逝去 享年83歳
以上、資料引用

2016年2月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら