東京都 豊島区で「舟越保武」のレリーフを買取りさせて頂きました

舟越保武 レリーフ「少女」飾額

お引越し前の品物整理のご依頼で伺いました。
可愛らしい少女の横顔が表現された「舟越保武」のレリーフの飾額の他、ブロンズ像や銅器の置物、陶磁器、古いフィルムカメラ、玩具などをお譲り頂きました。
弊社の訪問前にお客様が買取希望品と処分品を仕分けして頂いておりましたが、処分品とお考えの品物の中にも買取可能な品物が多数見つかりました。
このたびは弊社にお声掛け頂きありがとうございました。b07.gif
一見すると、廃棄品かな?と思える品物の中にも買取対象品となる場合がございますので、ご処分の前にお声掛け頂ければ幸いです。13.gif
なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。
【舟越保武】
1912年 12月7日岩手県に生まれる
1938年 国画会展で国画会賞受賞
1939年 東京美術学校彫刻科を卒業。新制作派協会彫刻部創設に参加
1954年 第1回現代日本美術展
1956年 第7回秀作美術展(日本橋三越)
1962年 「長崎26殉教者記念像」完成。第5回高村光太郎賞受賞
1967年 東京芸術大学教授
1968年 秋田県田沢湖に「たつこ像」完成
1971年 「原の城」をロ一マ法王に寄贈
1971年 第3回中原悌二郎賞受賞
1973年 ローマ法王より台聖グレゴリオ騎士団長勲章
1978年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1981年 多摩美術大学教授
1984年 勲四等旭日小綬章受章
1999年 文化功労者顕彰
2002年 2月5日死去
以上、略歴引用

2018年4月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら