東京都 文京区で「ロジェ・ボナフェ」のリトグラフや「ヒロ・ヤマガタ」のシルクスクリーンを買受けさせて頂きました

ロジェ・ボナフェ リト 風景 ヒロ・ヤマガタ シルク 風景

お引越し後の品物整理のご依頼で伺いました。

鮮やかな色彩を用いて風景が描かれた「ロジェ・ボナフェ」のリトグラフや、人々が集う広場の光景が描かれた「ヒロ・ヤマガタ」のシルクスクリーンの他、吉岡浩太郎の版画、外国人作家の油絵などをお譲り頂きました。

お忙しい中、ご親切に対応頂き感謝いたします。

このたびは弊社をご用命頂き、ありがとうございました。b07.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【ロジェ・ボナフェ】
1932年 フランス モンペリエに生まれる
1960年 オランジェにて初個展。これ以後、フランス各地で個展を開催
1978年 本年から80年までパリのアヴェニュー・マティニョンにあるギャラリー・オプシディエンヌの専属作家を務める
1990年 初来日。東京芸術劇場にて個展
1994年 東京三越にて個展。共に好評を博す
1998年 東ソ-、ト-メンの1999年のカレンダーに選定される。

ロジェ・ボナフェは子供のころから独学で絵を描いてき、 芸術的天性に恵まれた彼は独自の技法を修得し、才能を開花させた。
その後フランス国内の様々な土地を創作旅行して独創的な気質をさらに深め、再び生まれ故郷であるエローの地を踏んだ。
当初は白や灰茶色を好多く用いたが、現在の作風の基調をなす「赤」の色調が加わってから作品に力強さが増した。
さらに「紫」「茶」「黒」を用いて作り上げた作品は、インパクトのあるコントラストが特徴的である。
またそのモチーフは、風景、静物、人物など多岐にわたり、風景画では大胆な単略化が行われ、豊かな色合いが加わることによって力強さを生み出している。
一方、静物画の中では遠近感は縮められ、まるで望遠レンズで覗いたかのような印象を与え、そこに構成された対象は互いに影響を与え、美しくシンブルな輪郭でそのスタイルを保っている。

ベースに赤を用いたボナフェの大胆な構図と独特の色彩で描かれたその画風は、どこから見てもボナフェのものだとすぐにわかる。
フランスの元大統領のジャック・シラク氏に「成熟の赤」と言わしめ、ジュネーブの国連本部で展示会が催されるなど、世界各国で高く評価されている。
以上、略歴引用

※「ヒロ・ヤマガタ」氏の経歴は上記の作者名をクリック頂くと御覧頂けます。

2016年8月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら