東京都 荒川区で「桂光春」の彫金額をお譲り頂きました

桂光春 鶴 彫金額  桂光春 猪  彫金額

引っ越し前の品物整理のご依頼で伺いました

優雅に羽ばたく鶴の姿が表現された作品や、たくましい猪(イノシシ)の姿が写実的に表現された「桂光春」の彫金額の他、輪島塗の漆額や銅器の壺、鉄瓶、根付や印籠などを買取らせて頂きました。

晴天の空の下、品物の積み込み時には汗ばむ陽気となりましたが、穏やかな天候で助かりました。

運び出しまでお手伝い頂き、ありがとうございました。b07.gif

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【桂光春】
1871年 東京葛飾で旧幕臣の桂信行の次男として生れる
1882年 彫金家「豊川光長」の門に入り彫金技術を学ぶ
1894年 明治天皇銀婚式に際し、東京市より献上の御物を師光長と共に謹作
1895年 東京彫工会展で受賞
1897年 15年間の修業を終え、師のもとを離れて独立
1910年 英国皇帝戴冠式に際し、皇室より献上の純銀製金象嵌大花盛器に鳳凰の図を謹作
1914年 日本美術協会、東京牌工会、日本金工協会の審査員及び鑑査主任を委嘱される
1924年 巴里万国博に政府の依頼で掛額元祿踊の図並びに游鯉の図を出品
1929年 帝国美術院推薦となる
1930年 ベルギー、リエージュ万国産業博に飾皿を出品大賞牌を受賞
1933年 シカゴ万国博に銀製宝石箱を出品・受賞
1963年 8月31日に東京都葛飾区の自宅で死去、享年91才
以上、略歴引用

2014年4月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら