東京都 渋谷区で「高橋虎之助」や「須藤了三」の作品を買い取らせて頂きました

 高橋虎之助 風景 油絵  須藤了三 抽象画

ご家族のコレクションの整理のご依頼で伺いました。

新緑に彩られた雄大な山々を望む溪谷の光景が描かれた「高橋虎之助」の油絵(洋画)や、抽象画のよような斬新な構図が表現された「須藤了三」の作品の他、陶磁器の大皿や壺、銅器の置物などをお譲り頂きました。

本日は厳しい暑さの中での作業となりましたが、天候が悪化する前に積み込みまで完了することができました。

ご協力頂きありがとうございました。emoji206.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【高橋虎之助(たかはし とらのすけ)】
1890年 現在の高知県高岡郡日高村に生まれる。
1908年 高知県立農林学校(現在の高知農業高校)卒業し上京し太平洋画会研究所に入門。
      石川寅治、中村不折らの指導のもと洋画技法を学ぶ。
1912年 この年から太平洋画会展に毎回出品。文展入選や作品の宮内庁買い上げなどの活躍を見せる。
1923年 2年間ヨーロッパへ留学。帰国後は太平洋画会の評議員や常務委員を務める。
      戦後は太平洋美術会の会長として辣腕を振るった。
      90歳を過ぎても作品の制作に取り組むバイタリティを見せていた。
1984年 93歳で亡くなる。
1985年 高知県立郷土文化会館において遺作展が開催
      なお、作者は映画監督「中平康」氏の父としても知られている。
以上、略歴引用

 【須藤了三】
1930年 水戸生まれ(洋画 茨城二科展)
1957年 モザイク 石本信夫に師事
      第一美術展入選・委員賞
      茨城県展受賞(6)
      第一美術協会常任委員(審査員)
      茨城工芸会会員 茨城県芸術祭審査員
      水戸市展運営委員(審査員)などを歴任
以上、略歴引用

2014年7月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら