東京都 港区で「芝田米三」や「松浦満」の作品をお譲り頂きました

 芝田米三 油彩 女性像  松浦満 日本画 鯉

絵画の出張買取のご依頼で伺いました。

清楚な女性の姿が描かれた「芝田米三」の油絵や、ゆったりと泳ぐ鯉の姿が描かれた「松浦満」の日本画などを買取らせて頂きました。

お忙しい中、ご親切にご対応頂き御礼申し上げます。icon_biggrin.gif

なお、作者の経歴を下記に紹介させて頂きます。

【芝田米三】
1926年 芝田米三、京都に生まれる。
1939年 京都商業学校入学。 独立美術協会の今井憲一に油絵の指導を受ける。
1946年 独立展出品(以降ほぼ毎年出品)
1947年 独立展入選。
1963年 安井賞展安井賞受賞。
1971年 芝田米三、渡欧する。
1975年 サンパウロ州議会より騎士賞授与。
1978年 京都府芸術会館理事に就任。
1979年 芝田米三、ソビエト文化省に招待される。
1994年 京都市文化功労賞受賞。
1999年 勲三等瑞宝章受章。
2006年 死去。
以上、略歴引用

【松浦満】
明治41年 隠岐郡都万村に漁業を営む松浦源市の長男として生まれる。
上京し、山口県萩市出身の近代南画の代表的な画家松林桂月の門に入り、日本画を修行。
昭和9年 第15回帝展に初入選。戦後は日展に出品を続ける。
昭和22年 第3回日展で「隠岐の海」が特選。
明治25年 第6回日展で「凧」が白寿賞し、第7回日展では「港」が特選を受賞。
作者は日展会員として審査員も務め、特に海や鯉など水にちなんだ作品を得意とした。
晩年は、港で生活する人々の暮らしを数多く描いた。
平成10年 脳梗塞のため倒れ、東京都青梅市にて90才で没。
以上、略歴引用

2014年6月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら