東京都 江戸川区で「和太守卑良」や「青木龍山」などの酒器(盃)をお譲り頂きました

和太守卑良 盃 青木龍山 ぐい呑

コレクションされていた陶磁器の買取りのご依頼で伺いました。

「和太守卑良」の酒盃や「青木龍山」の ぐい呑みの他、「徳田八十吉」「今泉今右衛門」「藤原雄」「伊勢崎淳」などの酒器をまとめてお譲り頂きました。

各作品とも大事にされていたようで、共箱に入り綺麗に保管されていました。

事前に箱から出してお待ち頂いておりましたので、スムーズに査定することが出来ました。

ご配慮頂き御礼申し上げます。icon_biggrin.gif

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【和太守卑良】
1944年 兵庫県西宮市に生まれる。
1967年 京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻卒業。
      高知県安芸市へ移る。
1976年 茨城県笠間市へ移る。
1980年 ファエンツァ国際陶芸展金賞受賞(イタリア)
      高島屋東京店個展開催。以後数回開催
1983年 日本工芸会正会員になる。
1987年 日本陶芸展賞受賞。
1988年 日本陶磁協会賞受賞。
1990年 「土の発見、現代陶芸と原始土器」展(滋賀県立陶芸の森)
      日本工芸会退会。
1991年 「セラミック・挑戦する空間 和太守卑良」展(有楽町アートフォーラム)
1992年 「陶・和太守卑良」出版
2008年 9月7日没
以上、略歴引用

【青木龍山】
昭和26年 東京多摩美術大学日本画科卒業
             同時に法政大学第二高等学校、法政大学女子高等学校の教諭として二年間勤務
昭和46年 第三回 日展に「豊」を出品、特選受賞
昭和56年 日本現代工芸美術家協会理事就任(以降現在まで)
昭和60年 佐賀県立窯業大学非常勤講師就任(現在まで)
平成3年   第二十二回 日展出品作「胡沙の舞」により第四十七回 日本芸術院賞を受賞。
平成4年   日本芸術院会員に就任する
平成5年   社団法人 日本現代工芸美術家協会副会長に就任
                社団法人 日展常務理事に就任
平成8年   天皇陛下よりお茶会に招かれ御所にて天皇皇后両陛下と談話の栄に浴す
平成9年   日本現代工芸の常任顧問となる
平成11年 文化功労者として顕彰さる
平成12年 佐賀大学美術科 客員教授に就任する
                赤坂御苑にて文部省より春の園遊会に招待される
平成17年 天皇陛下より皇居宮殿にて文化勲章を親授される
以上、略歴引用

2014年2月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら