東京都 文京区で「福王寺法林」や「池田満寿夫」の作品をご売却頂きました

福王寺法林 雪山 池田満寿夫 人物

遺品買取のご依頼で伺いました。

雄大な雪山を望む光景が描かれた「福王寺法林」のリトグラフや、大胆にデフォルメされた顔が描かれた「池田満寿夫」の版画の他、蒔絵が施された漆器の硯箱や七宝の花瓶、煎茶道具、勲章・コインなどをお譲り頂きました。

事前にご依頼品の写真を送って頂きましたので、スムーズお話を進めることが出来ました。

このたびは、弊社にお声かけ頂きありがとうございました。emoji206.gif

 なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【福王寺法林】
本名:福王寺雄一
1920年 山形県米沢市に生まれる
1936年 画家を志して上京
1949年 再興34回日本美術院展に初入選
1955年 田中青坪に師事する。
1960年 日本美術院同人に推挙される。
1969年 院展内閣総理大臣賞
1974年 幼い頃からの夢であったヒマラヤへの取材旅行を始め、これ以降ヒマラヤを扱った作品が増える
1976年 芸術選奨文部大臣賞を受賞
1983年 日本芸術院賞
1994年 日本芸術院会員に推挙
1997年 勲三等瑞宝章を受章
2004年 文化功労者に顕彰される
2012年 2月21日に心不全のため91歳で死去
以上、略歴引用

【池田満寿夫】
※弊社の過去のこちらの記事からご覧いただけます

2016年4月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら