埼玉県 川越市で「松原春男」の彫金作品や煎茶碗(茶道具)を買い受させて頂きました

松原春男 魚文酒器 煎茶碗

以前からお付き合いのある会社様から出張査定・買取のご依頼を頂きました。

魚の紋様の彫金細工が施された「松原春男」の酒器や、煎茶碗(茶道具)の他、七宝花瓶や錫の器、中国の掛軸や書籍、古い油絵や版画、贈答品などをまとめてお譲り頂きました。

このたびもお声かけ頂きありがとうございました。b07.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【松原 春男】(1907~1982)
金工作家・鍛金家
1931年 東京美術学校に在学中に第12回帝展に出品し「黒味銅打出花瓶」が初入選
1933年 第14回帝展において「黄銅四方花瓶」が入選
1934年 東京美術学校を卒業
      同校の卒業後に作家活動に入り、新文展、日展、現代工芸美術展などで活躍
1953年 第八回日展で「鍛金銅花器」が特選となり、朝倉賞を受賞
北原千鹿の最晩年には彼の作品の素地も制作を手掛けた
以上、略歴引用

2016年11月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら