東京都 世田谷区で「三浦俊輔」の油絵や「源右衛門窯」の陶磁器を買取らせて頂きました

三浦俊輔 油絵 風景 源右衛門 C/S

親御様の遺品買取(遺品整理)のご依頼で伺いました

広々した湿原を望む光景が描かれた「三浦俊輔」の油絵(絵画)や、鮮やかな色彩の絵付けが施された「源右衛門窯」の陶磁器(茶器・皿・鉢)の他、「藤井勉」や「加山又造」の画集、国内作家の油絵(洋画)、日本画の掛軸、仏像、小引出や小物入れなどの小型家具にくわえ、ロイヤルウースター・ロイヤルドルトン・ローゼンタール・ロイヤルクラウンダービー・香蘭社などの各種洋食器、碁盤、漆器、贈答品などをまとめてお譲り頂きました。

当初の想定よりもご依頼品が多くなりましたが、梱包材をご用意頂きとても助かりました。

お品物の搬出時は駐車場所まで距離がありましたが、お客様にもお手伝い頂くとともに、天候にも恵まれスムーズに作業を進めることが出来ました。

優しいお気遣いとご協力に感謝いたします。ありがとうございました。emoji206.gif

なお、下記に作者の経歴や窯元の資料を紹介させて頂きます。

【三浦 俊輔】
1911年 山口県生まれ
1930年 日本美術学校卒業
1935年 安井曾太郎に師事
1936年 一水会第1回展出品
1937年 富士見高等女学校講師
1944年 日満合同嚶鳴会創立会員
1946年 一水会会員
1956年 一水会優賞受賞
1960年 一水会委員
1962年 大調和会再興創立委員
1972年 文化庁買上
1973年 一水会常任委員
1975年 財団法人日本民生文化協会理事
1979年 山口県立美術館買上
1987年 財団法人日本民生文化協会理事長
1992年 厚生大臣賞受賞
1994年 日本美術学校教授
以上、略歴引用

【源右衛門窯】
1753年に築窯し260年以上の歴史があり、有田焼の伝統技法を受け継ぐ窯元。
伝統のある確かな技術と現代的な感性が融合した作品は高い人気を誇る。
ロンドンの大英博物館にも作品が収蔵されるなど海外でも高く評価されている。
以上、略歴引用

2016年10月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら