東京都 葛飾区で「影山明志」の花瓶を買取らさせていただきました

影山明志 花瓶

お引っ越し前の品物整理(遺品買取)のご依頼で伺いました

まるで伝統的な日本画のような花鳥図の絵付けが施された「影山明志」の花瓶の他、現代陶磁器作家の陶磁器(焼き物)、古伊万里の大皿、九谷焼の壺などをお譲り頂きました。

ご依頼品のほどんどは大切に保管されていたようで、共箱や作品自体の状態も良く、お客様のご想像以上の買取価格を提示することができたようで、お喜び頂きました。

このたびは弊社にお声かけ頂きありがとうございました。b07.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【影山明志】
1950年 静岡県に生まれる
1975年 東京藝術大学美術学部工芸科を卒業
1977年 東京藝術大学大学院陶芸専攻を修了
     藤本能道に師事し、同工房にて修業を重ねる
1981年 日本工芸会の正会員となる
1984年 茨城県八郷町(現・石岡市)に窯を築き独立
1986年 日本橋三越で個展を開催
     以降、日本各地の百貨店で個展を開催
2002年 茨城県陶芸美術館「器と装飾」に出品
2010年 第57回日本伝統工芸展で入選
2012年 第52回東日本伝統工芸展で入選
以上、略歴引用

本日は2015年度の最終日ということもあり、道路の混雑が心配されましたが、予想以上にスムーズに伺うことができました。

また、穏やかな天候の一日となり、帰りの高速からは夜景が綺麗に見えました。

一方、明日からは高速料金が変更となり、首都高は割高となるようなので困ったものです。naku02.gif

2016年3月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら