埼玉県 戸田市で「酒井田正(十四代 酒井田柿右衛門)」や「十二代 柿右衛門」の作品を買取らせて頂きました

酒井田正 飾り皿  十二代柿右衛門 夫婦湯呑

ご自宅の建て替え前の品物整理のご依頼で伺いました。

可憐な草花の絵付けが施された「酒井田正(十四代 酒井田柿右衛門)」の飾皿や、伝統的な地紋様に山水図が施された「十二代 酒井田柿右衛門(窯)」の夫婦湯呑の他、有田焼や平戸焼の作品や木彫の置物などをお譲り頂きました。

晴天の空の下、風が吹く中、お客様にもご協力頂きましたおかげで、手際よく査定・買取を進めることができました。

誠にありがとうございました。emoji206.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【十四代 酒井田柿右衛門(酒井田正)】
1934年 佐賀県西松浦郡有田町で、十三代 酒井田柿右衛門の息子として生まれる。
1958年 多摩美術大学日本画科を卒業。
卒業後帰郷して父親に弟子入りし、下積みを重ね父と祖父(先々代)が蘇らせた“濁手”(にごして)の技法なども学ぶ。
1971年 本名の酒井田正(さかいだまさし)名義で日本工芸会会員となり、約10年間は本名で公募展や個展に出品。
1982年 父の死を受け14代目を襲名。
1983年 海外で初出品し、アメリカサンフランシスコより名誉市民の称号を受ける
1984年 日本陶磁協会賞、佐賀県知事賞を受賞
1986年 日本工芸会奨励賞を受賞
1992年 一水会陶芸部運営委員をつとめる
1993年 国際陶芸アカデミー名誉会員となる
1994年 日本伝統工芸展鑑査委員をつとめる
1997年 佐賀県陶芸協会会長に就任
1998年 外務大臣表彰を受ける
2000年 有田陶芸協会会長に就任
2001年 佐賀県立有田窯業大学校長に就任、人間国宝となる
2005年 旭日中綬章を受賞
2006年 日本工芸会副理事長に就任
2007年 西日本文化賞を受賞
2008年 癌が見つかり、治療をしながら作陶を続ける
2011年 Jリーグサガン鳥栖のデザインアドバイザーに就任
2013年 6月15日逝去
JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」の洗面所に使用されている洗面鉢が遺作となる。
以上、略歴引用

2014年5月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら