東京都 渋谷区で「大久保作次郎」の油絵(洋画)や「角偉三郎」の漆額などを買い取らせて頂きました

大久保作次郎 油絵 バラ  角偉三郎 漆額 鳥

お引越し前の品物整理のご依頼で伺いました。

咲き誇る薔薇(バラ)の花々が描かれた「大久保作次郎」の油絵(洋画)や、仲良く寄り添う二羽の鳥の姿が表現された「角偉三郎」の漆額の他、国内外作家の水彩画や版画などをまとめてお譲り頂きました。

ご依頼品が多数ありますが、事前に品物をまとめて置いて頂きましたおかげで、短時間で効率良く査定を行うことが出来ました。

さらに、作業の合間にお飲物などをご用意頂き、品物の運び出しまでお手伝い頂きました。

優しいお気遣いに感謝致します。ありがとうございました。emoji200.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【大久保 作次郎】
1890年 大阪市生まれる
1915年 東京美術学校西洋画科卒
1923年 渡仏
1927年 帰国し帝展審査員となる
1936年 創元会を結成、戦後は1950年に日展運営会参事、また同年より1954年まで旺玄会会員となる
1955年 新世紀美術協会を結成
1958年 日展評議員となる
1960年 「市場の魚店」で日本芸術院賞受賞
1963年 芸術院会員、日展理事となる
1966年 勲三等瑞宝章受章
1969年 日展顧問となる
以上、略歴引用

【角 偉三郎(かど・いさぶろう)】
1940年 石川県輪島市に生まれる
1955年 中学卒業後に沈金師「橋本哲四郎」氏に師事
1962年 日本現代工芸美術展に初出品し、前衛的な作品「眼」で初入選
1964年 日展に「晩鐘」で初入選
1978年 「鳥の門(パネル)」日展で特選受賞
1989年 合鹿椀、汁椀、椿皿がパリ民俗学博物館買い上げとなる
1991年 NHK「工房探訪 つくる~美の匠~展」
1996年 日本の現代ぬりもの12人展(ドイツ巡回)
以上、略歴引用

2015年1月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら