兵庫県のお客様から「山崎正義」や「香取正彦」のブロンズ像(銅器)を宅配買取でお譲り頂きました

山崎正義 ブロンズ 裸婦 香取正彦 麒麟

ブロンズ像(銅器)に宅配買取のご相談を頂きました。

天を仰ぐ女性(裸婦)の姿が表現された「山崎正義」のブロンズ像や 「香取正彦」の麒麟型の銅製の香炉の他、外国人作家(ヨーロッパ)のブロンズ像などを宅配買取で買い取らさせて頂きました。

事前のご相談で、お客様からご依頼品の「作家名」「サイズ」「画像」をメールでお知らせ頂きましたので、頂いた情報をもとに査定金額を折り返しご案内したところ、弊社の宅配買取をご用命きました。

お客様にご依頼品をまとめて梱包頂き、宅配便(送料着払い)で弊社にお送り頂きました。
(宅配便のご利用時は点数を少なく、コンパクトに梱包頂くと送料が抑えられ、その分が買取金額に加算されます)

ご依頼品の到着後、詳細な査定を行い買取金額をお伝えしたところ、ご快諾頂きましたので、ご指定の銀行口座へお振込みさせて頂きお取引が完了しました。

このたびは弊社をご利用頂きありがとうございました。b07.gif

なお、弊社の宅配買取の詳細はこちらをクリック頂くと御覧頂けます。

また、作者の経歴を下記に紹介させて頂きます。

【山崎正義】
四条大橋畔にある「出雲の阿国」や全国高校野球の優勝楯・メダルを制作した彫刻家
京都教育大学の名誉教授や、日輝会美術協会の会長を歴任
以上、略歴引用

【香取正彦】
1899年 1月15日香取秀真と母たまの長男として東京小石川に生まれる
     生後まもなく両親の出身地(現在の千葉県佐倉市)へ移り、幼少期を佐倉で過ごす。
     東京美術学校(現在の東京芸術大学)の鋳金科に入学し、主任教授津田信夫の指導を受ける。
1925年 東京美術学校鋳金科を卒業
     同年パリ万国装飾美術工芸博覧会(「アールデコ万博」)に「苺唐草文花器」を出品し銅牌を受賞。
1930年 この年から3年続けて特選を受賞し、帝展無鑑査となる
     終戦後は戦争中に供出された仏具・仏像などの文化財修理・保護に尽力
1949年 梵鐘制作を始め、比叡山延暦寺、成田山新勝寺、広島平和の鐘(1967年)を手がける
1953年 芸術院賞
1954年 日本伝統工芸展が開かれ,第3回展から審査委員を委嘱される
1977年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定
1981年 梵鐘制作100点を達成し『百禄の鐘』を出版
1987年 日本芸術院会員に推挙された
以上、略歴引用

2016年10月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら