埼玉県 新座市で「アルフォンス・ミュシャ」や「ローゼンタール」の作品を買取らせて頂きました

 ミュシャ 女性 リト  ローゼンタール 食器

ご不用となった品物整理のご依頼で伺いました。

上品な女性の姿が描かれた「アルフォンス・ミュシャ」のリトグラフや、洒落たデザインの絵付けが施された「ローゼンタール」の食器の他、和食器や西洋陶磁器、カトラリーなどをお譲り頂きました。

即日のご依頼でしたが、訪問時間を柔軟にご対応頂きましたおかげで、ご要望にお応えすることが出来ました。

また、本日は午後から天気が崩れ、本格的な雨となりました。b-ame.gif

玄関の前に車を止めさせて頂くことができ、品物を濡らすことなく積み込むことが出来ました。

ご協力頂きありがとうございました。emoji200.gif

なお、下記に作者および工房についての資料を紹介させて頂きます。

【アルフォンス・ミュシャ】
1860年 チェコスロバキアに生まれる
1975年 故郷の役場で書記となる
1979年 ウィーンで舞台装置工房の助手となり、夜間はデッサン講座に通う
1885年 ミュンヘン美術学校入学
1889年 パリの雑誌「舞台衣装」に女優サラ・ベルナールの挿絵を描く
1893年 タヒチから帰国したゴーギャンとアトリエを共有する
1894年 戯曲「ジスモンダ」に出演するサラ・ベルナールのために最初のポスターを制作
1897年 最初の個展を開催。装飾パネル「4つの花」制作
1901年 装飾パネル「つた」と「月桂樹」制作
1907年 アーモール・カンパニーのためにミュシャ石鹸のパッケージをデザイン
1910年 祖国に戻り、20点に及ぶ大連作「スラヴ叙事詩」を描き始める
1939年 プラハにて死去
以上、略歴引用

【ローゼンタール(Rosenthal)】
1879年に「フィリップ・ローゼンタール」がドイツ南部バイエルン州のエアースロイト城に絵付け工房を開いたのが「ローゼンタール」の始まりとなります。
1891年には良質の陶土を求め、ドイツ磁器生産の中心地ゼルプに工場を設立し、瞬く間にヨーロッパを代表するメーカーになりました。
ローゼンタールは芸術と実用品の融合を目指し、個性溢れるデザインで注目されています。
以上、資料引用

2014年11月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら