東京都 三鷹市で「大内田茂士」や「前田真一」の作品をお譲り頂きました

 大内田茂士  前田真一 油彩 風景

コレクションの整理のご依頼で伺いました。

穏やかな山里を望む光景が描かれた「大内田茂士」の油絵や、緑の草木に彩られた初夏の山々を望む光景が描かれた「前田真一」の絵画の他、銅器の香炉や木彫の置物などを買取らせて頂きました。

お電話でのお問い合わせから当日の査定・買取まで丁寧にご対応頂き誠にありがとうございました。

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【大内田 茂士(おおうちだ しげし)】
1913年 福岡県に生まれる
1936年 上京、国展に出品
1937年 新宿絵画研究所に学ぶ
1943年 新文展に初入選
1948年 示現会創立会員(のちに理事長)
1951年 日展で特選
1956年 渡欧で吹き荒れたアンフォルメルの影響を受ける
1964年   日展会員(のちに顧問)
1988年 日本芸術院恩賜賞
1989年 勲四等旭日小授章
1990年 日本芸術院会員 1994年 東京で死去(80才)
以上、略歴引用

【前田 真一(まえだ しんいち)】
明治34年 東京に生れる
大正10年 太平洋美術学校に入学し、中村不折、満谷国四郎等の指導を受ける。
大正14年 太平洋美術学校を卒業し、間もなく同校の指導員となる
昭和  7年 同校講師となり、昭和11~17年まで教授を勤める
太平洋画会展のほか、旧帝展、新文展、日展に出品した
以上、略歴引用

2014年5月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら