埼玉県 新座市で「篠田義一」や「藤平伸」の作品をお譲り頂きました

篠田義一 青白磁 香炉  藤平伸 呉須文 茶碗

故人の遺産整理と引っ越し前の品物整理のご依頼で伺いました。

ふっくらとした造形の青白磁の「篠田義一」の香炉や、深みのある釉薬が施された「藤平伸」の茶碗の他、茶道具や陶磁器の花瓶や皿、漆器、彫金置物などを買取らせて頂きました。

お約束の時間より早めに到着しましたが、快くご対応頂き感謝致します。

ありがとうございました。emoji200.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【篠田義一】
1924年 下伊那郡川路村に生まれる
1942年 人間国宝 京都芸術大学名誉教授・近藤悠三の門に入る
1949年 日展初入選 以後昭和36年まで日展に出品
1953年 長野県展審査員(28歳)
1958年 朝日陶芸賞
1968年 朝日陶芸展審査委員長
1983年 作陶40年記念展開催(松本・東京・名古屋・青森・広島)
1985年 東京日本橋高島屋に於ける個展
1991年 松本市文化芸術功労者
1992年 長野県文化芸術功労者
以上、略歴引用

【藤平伸】
1922年 京都東山五条坂に生まれる
1944年 京都高等工芸学校に入学 病気のため中途退学
1957年 第13回 日展にて特選・北斗賞受賞
1960年 イタリア・フィレンツェ国際陶芸展
1963年 第6回新日展にて菊花賞受賞
1968年 現代陶芸の新世代展
1970年 現代の陶芸ヨーロッパと日本展
1973年 日本陶磁協会賞受賞
1974年 中南米巡回展
1976年 東独巡回日本陶磁名品展
1978年 西ドイツ巡回日本陶磁名品展
1982年 アメリカ・カナダ巡回展
1983年 現代日本の工芸展
1985年 現代日本美術の展望展、京都府文化功労賞受賞
1990年 京都美術文化大賞受賞、陶芸の現在ー京都から展
1991年 京都市文化功労賞受賞
以上、略歴引用

2014年5月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら