埼玉県 八潮市で「杉田祥平(清閑寺窯)」の茶碗や「小西陶古(備前焼)」の作品をお譲り頂きました

杉田祥平(清閑寺窯)茶碗 小西陶古 湯呑

ご不用となった茶道具や陶磁器の出張買取のご依頼で伺いました。

咲き誇る藤の花々の絵付けが施された「杉田祥平」(清閑寺窯)の茶碗や、「小西陶古」(備前焼)の湯呑の他、京焼の皆具や菓子鉢、釜や棗などの茶道具にくわえ、瀬戸焼・織部・志野焼の花瓶や皿などを買取らせて頂きました。

お約束の時間よりも早く到着しましたが、快くご対応頂き御礼申し上げます。

ありがとうございました。b07.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【四代目 杉田祥平】
1942年 京都府に生まれる
1960年 京都芸術短期大学(現 京都造形大学)に入学
1962年 京都市立工業試験場に入所
      伝統作家協会二世会に入会し高島屋、大丸にて展示会開催
1965年 楽家 十四代・覚入に師事し、覚入没まで十二年間陶芸を学び裏千家に出入り
     清閑寺窯丸印を裏千家・鵬雲斎御家元及び覚入より拝領する。
1999年 四代目を襲名
以上、略歴引用

【小西陶古】
1926年 代々作家の家系で、明治初期の細工の名工と云われた永見陶楽の孫にあたる初代「小西陶古」が、窯元を設立。
なお、初代「陶古」は桟切の考案者として知られています。
1954年 初代の二女「小西光江」が二代目を襲名し、伊部で一番大きい古来伝統のランマ窯で、松割木による焼成を守り、備前焼の伝統を受け継ぐ窯元として人気がありました。
現在でも『桟切の陶古』、『細工物の陶古』として知られ、作品の丁寧な仕上げには定評があります。
1970年 現在は二代目の息子である「小西陶藏」が窯元の当主になり作家としてもご活躍され、文化奨励賞・文部大臣賞・金重陶陽賞などを受賞しています。
以上、資料引用

2014年3月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら