神奈川県 鎌倉市で「加山又造」の銅板画や薩摩焼の香炉をご売却頂きました

加山又造 裸婦 版画 薩摩焼 香炉

ご自宅の品物整理のご依頼で伺いました。
横たわる裸婦の姿が描かれた「加山又造」の銅板画(エッチング)や、華やかな金彩を用いて緻密な絵付けが施された薩摩焼の香炉の他、切子のガラス器や大型のクリスタルプレートをお譲り頂きました。
お約束の時間よりも早く到着しましたが、快くご対応頂き感謝致します。
このたびは弊社をご利用頂き、ありがとうございました。
なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。
【加山又造】
1927年 京都に生まれる
1944年 京都市立美術工芸学校日本画科修了
1949年 東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画家を卒業し、山本丘人に師事
1950年 創造美術春季展で研究会賞を受賞
1961年 ニューヨークで個展を開催
1965年 琳派風の装飾屏風の制作を開始。次いで水墨画、裸婦を発表
1966年 多摩美術大学の日本画科教授に就任(~1973、1977~1988)
1973年 第5回日本芸術大賞を受賞(新潮文芸振興会)
1974年 「中央公論」の表紙絵を制作(~1980)
1978年 東京国立近代美術館から依頼された紙本壁画「雪」「月」「花」を完成
1980年 「月光波濤」で第30回芸術選奨文部大臣賞を受賞
1982年 第1回美術文化振興協会賞を受賞(美術文化振興協会)
1988年 東京芸術大学美術学部教授に就任(~1995)
1990年 北京の中央美術学院より名誉教授の称号を授与
1992年 新東京国際空港の第2旅客ターミナル出発ロビー陶板壁画「日月四季」を完成
1995年 ロンドンの大英博物館日本ギャラリーで開催。東京芸術大学教授を退官し名誉教授となる
1997年 文化功労者として顕彰される
1999年 井上靖文化賞を受賞
2003年 文化勲章を受章
2004年 4月6日逝去(享年76歳)
以上、略歴引用

2017年8月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら