千葉県 佐倉市のお客様から「平塚運一」作品を宅配買取で買い受けさせて頂きました

平塚運一 木版 風景

弊社のホームページの問い合わせフォームから査定・買取のご依頼を頂きました。

遠くに山を望む穏やかな水辺の光景が描かれた「平塚運一」の木版画の査定のご要望を頂き、査定金額をお伝えしたところ、宅配買取のご依頼を頂きました。

丁寧な梱包を頂きましたおかげで無事に到着し、買取金額をご指定の銀行口座へ振り込み、お取引を完了しました。

このたびは弊社をご利用頂きありがとうございました。b07.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【平塚運一】
1895年 島根県に生まれる
島根県立松江商業学校に入学するが、1913年に中途退学し松江市役所に勤務
石井柏亭の洋画講習会を契機に1915年に上京してデッサンに励み、さらに版画技術を会得
1916年 二科展に版画作品が入選し、日本美術院展には油彩作品と水彩画作品が入選した。
1917年 帰郷して結婚し公立小学校の図画教員となる。
1927年 この年から棟方志功を指導し、1928年には棟方や畦地梅太郎とともに雑誌「版」を創刊。
1930年 国画会の会員となる。
1935年 東京美術学校の版画教室開設にともない教壇に立ち、1941年からは日本女子高等学院や公立中学校でも教えた。
1946年 山根幹人(映画監督)らの協力を得て松江美術工芸研究所を開設。
1962年 渡米し活動拠点をワシントンDCに移し、アメリカ各地で個展を開くとともに版画の普及に努めた。
日本国内においても地方での版画普及活動に熱心であり、棟方、畦地、北岡文雄など日本を代表する版画家を育てた。
1977年 勲三等瑞宝章を受ける。
1989年 松江市名誉市民に推挙される。
1991年 長野県内の版画普及に携わった功績を称えられ、須坂市に須坂版画美術館・平塚運一版画美術館が開館。
1997年 11月18日、102歳で逝去
以上、略歴引用

2014年7月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ メール無料見積り「お客様のご自宅まで無料にて出張いたします。ご都合・状況に合わせて柔軟に対応します。」 WEBからの買取のご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせは0120-231-731

受付時間:10:00~19:00 
定休日:無休

骨董品・古美術品買取「ぎゃらりー彩」 出張買取対応エリア

東京・埼玉・千葉・神奈川を中心に承ります。詳しくは出張買取対応エリアをご確認下さい。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承下さい。

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら