さいたま市 中央区で「大野剛正」 のアクラス画(ガラス絵)や「本庄基晃」の仏画を買い取らせていただきました

大野剛正 アクラス画(ガラス絵)花 本庄基晃 仏画

ご実家の遺品整理のご依頼で伺いました。

咲き誇る花々がカラフルな色彩で表現された「大野剛正」の アクラス画(ガラス絵)や、普賢菩薩の姿がユーモラスに描かれた「本庄基晃」の仏画の他、国内作家の油絵や版画、陶磁器、掛け軸、機械式の掛け時計、銅器の置物、タンス(家具)、盆石、ギターや三線などの楽器、オルゴール、釣り具、アクササリー、電動工具、工具、ゲーム機器、オーディオ(音響機器)、贈答品(ギフト)、剣道用具、CDなどをまとめてお譲り頂きました。

お電話でのお問合せから当日の対応まで、ご親切に対応して頂きましたおかげで、スムーズに作業を進めることが出来ました。

優しいご配慮とご協力に感謝致します。

このたびは弊社をご用命頂きありがとうございました。emoji200.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【大野剛正】
1932年 埼玉に生まれる
1982年 日仏現代美術展 ロイユ賞受賞
1990年 日仏現代美術展 ナショナル・デ・ボザール賞受賞
1993年 スペイン美術展 優秀賞受賞
1996年 カナダ美術展 ケベック賞受賞/ル・サロン展 入選
1998年 国際美術大賞展 大賞受賞
1999年 日本芸術展 グランプリ受賞
日本国際美術家協会会員
中世ヨーロッパに始まるガラス絵の技法をもとに、透明硬質なアクリル板の裏と表から油絵具で描く「アクラス画」という独自の描き方を確立
以上、略歴引用

【本庄基晃】
1938年 北海道南岩内町に生まれる
1944年 長野県松本に移る
1950年 第3回長野県美術展に史上最年少で入選
1957年 東京芸術大学に入学
1958年 眼球結核により眼底萎縮症および角膜炎を併発し失明。絵画を断念。
1961年 奇跡的に片眼だけが回復し、再び絵筆を握る。
1970年 長野市に居を定め、石仏を油彩で千点画く。
1971年 この頃よりペンと墨による野の仏を描き始める。 仏教美術の研究を始める。
1985年 居を戸隠村に移す。
1987年 黄檗宗管長・村瀬玄妙猊下より「眠月」の号を拝受する。
1989年 ロサンゼルス美術館にて個展を開催。
1994年 全米12ヶ所に及ぶ作品展をニューヨークを皮切りに開催。
2003年 幼少の頃より食指が向いていたコロボックルの油彩制作に打ち込む。
2009年 長野市壇田に移住しギャラリーを開設
以上、略歴引用

2017年12月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ メール無料見積り「お客様のご自宅まで無料にて出張いたします。ご都合・状況に合わせて柔軟に対応します。」 WEBからの買取のご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせは0120-231-731

受付時間:10:00~19:00 
定休日:無休

骨董品・古美術品買取「ぎゃらりー彩」 出張買取対応エリア

東京・埼玉・千葉・神奈川を中心に承ります。詳しくは出張買取対応エリアをご確認下さい。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承下さい。

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら