東京都 目黒区で「中島千波」や「藤本能道」の作品をお譲り頂きました

中島千波 コスモス  藤本能道 銅板画

遺品整理のご依頼で伺いました。

可憐に咲き誇るコスモスの花々が描かれた「中島千波」のリトグラフや、枝にとまったコノハズク(フクロウ)の姿が描かれた「藤本能道」のエッチング(銅板画)の他、 海外作家(月光荘)の油彩画などをお譲り頂きました。

事前の打ち合わせ時には訪問日時を柔軟に調整して頂き感謝致します。

また、訪問時のご親切な対応にも厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。emoji206.gif

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【中島千波】
1945年 長野県小布施に生まれる。
1969年 東京芸術大学日本画科卒業。
1985年 東京セントラル美術館、裸婦大賞展大賞受賞。
1990年 横浜三溪園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完成。日本美術院特待となる。
1991年 第46回春の院展奨励賞受賞。第76回院展奨励賞受賞。
1992年 長野県に「おぶせミュージアム・中島千波館」開館。
1997年 「中島千波の花宴展」を京都、東京で開催。
1998年 「花と富士 中島千波屏風絵展」を東京で開催。
2001年 深川不動尊(成田山東京別院深川不動堂)内仏殿格天井の小図(100号)完成
2002年 深川不動尊(成田山東京別院深川不動堂)内仏殿格天井の原画(100号)完成
2007年 東京芸術大学創立120周年記念企画日本美術「今」展開催
以上、略歴引用

【藤本能道】
1919年  東京都青梅市に生まれる。
1941年  東京美術学校工芸科図案部を卒業する。
1942年  講習所講師加藤土師萌に陶芸を学び始める。
1944年  東京美術学校教授兼同講習所教授となった富本憲吉に師事、その後助手となる。
1946年 富本の教授辞任に従い、講習所助手を辞任。
      京都の松風研究所に田村耕一と共に輸出陶磁器のデザイナーとして入所。
      同所顧問となった富本憲吉に再び師事する。
1947年 富本を中心に結成された新匠美術工芸会に参加。
1956年 日本陶磁協会賞を受賞する。
1957年 走泥社に加わる。
1963年  制作方向の転換から、走泥社、モダンアート協会を脱退する。東京都青梅市に築窯する。
1964年 日本伝統工芸展に出品し、以来同会に所属。
1965年 ジュネーブ国際陶芸展にて銀賞を受賞する。
1966年 日本工芸会の正会員となる。
1970年 東京藝術大学教授に就任する。
1973年 東京都青梅市梅郷に築窯する。
1981年 日本陶磁協会賞金賞を受賞する。 紺綬褒章を受章。
1986年 同大学の学長に就任する。 
      「色絵磁器」による重要無形文化財(人間国宝) の保持者に認定される。
1991年 勲二等旭日重光章を授与される。
1992年 5月16日 逝去。
以上、略歴引用

2014年4月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら