東京都 調布市で「長谷川彰一」や「品川工」の作品をお譲り頂きました

東京都 調布市で「長谷川彰一」や「品川工」の作品をお譲り頂きました
作家名 -
買取品目
買取方法 出張買取
ご依頼地域 東京都調布市

参考買取価格

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。

※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

買取スタッフのコメント

 長谷川彰一 抽象 銅板  品川工 木版画

ご自宅の品物整理のご依頼で伺いました。

抽象的な構図が淡い色彩を用いて表現された「長谷川彰一」のエッチング(銅版画)や、ハッキリとしたコントラストで大胆な構図が表現された「品川工」の木版画の他、真空管入りの古いラジオや陶器の香炉、ガラスの置物などを買取らせて頂きました。

お客様がご処分を予定されていた品物の中にも、買取金額を提示できる品々があり、お喜び頂きました。b_body_jump.gif

ありがとうございました。

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【長谷川彰一(はせがわ しょういち)】
1929年 静岡県生まれ。東京杉並の国画会研究所で学ぶ。
1957年 東京で初個展。
1961年 東京画廊で個展、フランスに渡りヘイターのアトリエで腐食銅版多色刷り版画の技法を学ぶ。
1963年 数多くの国際版画展に出品。パリでも個展を開催、異色の作家として注目をあびるようになる。
ビクトリア&アルバート美術館、ニューヨーク近代美術館等に作品収蔵。
以上、略歴引用

【品川工(しながわ たくみ)】
1908年 新潟県柏崎市に生まれる。本名は関野工。
1928年 東京府立工芸学校金属科(現都立工芸高校)を卒業。
紙造形、布絵、板金作品、オブジェ、モビールなどを多彩な造形を制作する。
1935年 恩地孝四郎に師事し、本格的に版画に取り組む。
木版画を学びつつ印刷会社に勤め、“光の版画”やフォトグラム、鏡を使った“プリント・ミラー”など幅広い表現を試みる。
1947年 日本版画協会展で受賞。同年、翌年と国画会展に出品し、続けて国画賞を受賞。
1949年 国画会の会員となる。
1954年 サンパウロ・ビエンナーレに招待
1956年 現代日本美術展に招待
国内外の企画展に招待され、版画家・美術家としてのゆるぎない地位を築く。
1980年代後半以降はフォークや工具など日常的な素材を自在に組み合わせて有機的なイメージを作るオブジェを中心に発表した。
以上、略歴引用

骨董品買取の流れ

  • 出張買取
  • 宅配買取

出張買取はその場で査定・お支払い

ご自宅やご指定いただいた場所にお伺いし、その場で査定・お支払い致します。

  1. お問合せ・ご依頼イメージ お問合せ・ご依頼
    まずはお電話、またはメールにてお問合わせください。
  2. 訪問日程のご相談イメージ 訪問日程のご相談
    出張訪問日をご相談のうえ、決めさせていただきます。
  3. ご訪問・査定・お支払いイメージ ご訪問・査定・お支払い
    ご予約頂いた日時にお客様のご自宅・会社にお伺いし、その場で査定・お支払いします。

出張買取の流れを詳しく見る

宅配買取は送料着払いで送るだけ

  1. お問合せ・ご依頼イメージ お問合せ・ご依頼
    まずは、お問合せ下さい。目安の値段、送付先や発送方法などご連絡いたします。
  2. 梱包・発送イメージ 梱包・発送
    商品を適当な段ボールなどに詰め、必要書類を同梱の上、送料着払にてお送り下さい。
  3. 査定・お振込みイメージ 査定・お振込み
    商品到着後、査定し、買取金額をお知らせします。ご了承いただければ、お振込み致します。

宅配買取の流れを詳しく見る

骨董買取でお困りの方 ぎゃらりー彩にお任せ下さい!簡単なご相談でも大歓迎です!まずはご連絡下さい。

高い処分費をかけて捨ててしまう前に!!遺品買取ります 遺品整理・生前整理の処分費用の軽減をご提案 年代・作家不明のお品でもプロの目で選定・買取

お問合せ・買取のご依頼

お見積り・ご相談無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

  • お電話でのお問合せはこちら。電話受付 10時~19時、年中無休。フリーダイヤル 0120-231-731
  • メールでの無料査定・ご相談、買取のご依頼はこちら