東京都 渋谷区で銀製の急須(銀瓶)や「高村豊周」 の花入を買い取らせて頂きました

銀瓶(銀製急須)  高村豊周 銅製 花入

ご自宅の建て替え前の品物整理のご依頼で伺いました。

細密な模様が施された銀瓶(銀製の急須)や、瓢箪型のスッキリとした造形の「高村豊周」の花入の他、象嵌や彫金細工による装飾が施された銅器の置物や銀製の酒器や喫煙具などをお譲り頂きました。

事前に駐車スペースを手配して頂いており、スムーズに作業を進めることが出来ました。

ご親切な対応に感謝致します。

ありがとうございました。emoji206.gif

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【高村豊周】
1890年 高村光雲の三男として東京に生まれる。
1915年 東京美術学校鋳造科を卒業。
1926年、工芸団体「无型」を組織し、新工芸運動を興す。
1927年 第8回帝展で特選となる。
1933年 東京美術学校の教授となる。
1935年、実在工藝美術会結成に参加する。
1950年 金沢美術工芸短期大学教授、日展運営会参事、日本芸術院会員となる
1958年、日展理事、鋳金家協会会長を歴任する。
1964年 重要無形文化財(人間国宝)に認定される。
1967年 勲三等旭日中綬章を受章。
1972年 82才で逝去。
作風は伝統的な技法を駆使した簡潔で清新な造形が特徴。
短歌も詠み、兄の光太郎、高村智恵子の顕彰にも努めた。
息子は写真家の高村規。
以上、略歴引用

2014年3月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら