東京都 台東区で篠田義一の花瓶や坪島土平の大皿などを買い取らせて頂きました

 篠田義一 花瓶  坪島土平 大皿

 ご不用となった陶磁器の買い取りのご依頼で伺いました。

ご依頼品は現代陶芸作家の作品が多く、石榴(ザクロ)の絵付けや金彩による装飾が施された「篠田義一」 の花瓶や、「坪島土平」の織部の(廣永陶園)大皿の他、備前・有田・瀬戸・京焼などの作品をまとめてお譲り頂きました。

いずれの作品も共箱に入り、ほとんど未使用の作品ばかりでした。

誠にありがとうございました。emoji200.gif

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【篠田義一】
1924年(大正13年)下伊那郡川路村に生まれる
1942年(昭和17年)人間国宝 京都芸術大学名誉教授・近藤悠三の門に入る
1949年(昭和24年)日展初入選 以後昭和36年まで日展に出品
1953年(昭和28年)長野県展審査員(28歳)
1958年(昭和33年)朝日陶芸賞
1968年(昭和43年)朝日陶芸展審査委員長
1983年(昭和58年)作陶40年記念展開催(松本・東京・名古屋・青森・広島)
1985年(昭和60年)東京日本橋高島屋に於ける個展
1991年(平成3年)松本市文化芸術功労者
1992年(平成4年)長野県文化芸術功労者
以上、略歴引用

【坪島土平】
1929年 大阪府出身、大阪市立錦城商業学校卒業
1946年 川喜田半泥子に師事する
1963年 川喜田半泥子没後に廣永陶苑を継承する
1967年 大阪高島屋にて個展開催、以降毎年開催
       東京日本橋高島屋にて個展開催、以降隔年開催
1968年 横浜高島屋にて個展開催、以降隔年開催
1995年 大阪高島屋にて三十回記念展開催
1998年 横浜高島屋にて古希展開催
1999年 大阪高島屋にて古希展開催
2000年 JR名古屋高島屋にて個展開催、以降毎年開催
2005年 大阪高島屋にて四十回記念展開催
2006年 大阪高島屋にて喜寿記念展開催
2007年 大阪高島屋美術部創設百年記(第四十二回個展)
2009年 大阪高島屋にて傘寿記念展開催
2012年 大阪高島屋にて四十七回個展
2013年  7月他界
以上、略歴引用

2014年1月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら