東京都 立川市で日本画(木村武山と武藤弧舟)をお譲り頂きました

 木村武山 燕の図  武藤弧舟 鯉の図

 倉庫の整理のご依頼でお伺いしました。

 「木村武山」の日本画は飛び交う燕の姿が描かれ、「武藤弧舟」の作品はゆったりと泳ぐ二匹の鯉が描かれた伝統的な構図の日本画です。

この他にも額装や軸装の日本画を多数お譲り頂きました。

掛け軸の作品は当方が伺う前にお客様が予めご用意頂いていたので、短時間で手際よく査定ができました。

親切なご対応を頂き御礼申し上げます。emoji206.gif

なお、作者の経歴を下記に記載させて頂きます。

【木村 武山(きむら ぶざん)】

明治9年(1876年)、茨城県笠間市に旧笠間藩士木村信義の長男として生まれる。本名は信太郎。

父は廃藩後に帰農した後、笠間銀行(現常陽銀行)を設立、頭取となる程の実業家で郷党の人望家だった。

はやくも2歳頃から地元の南画家桜井華陵に師事、12歳頃には「武山」の号を用いている。

武山の号は、笠間のシンボルとも言える佐白山・山上の別称「阿武山(おたけ)」に由来する命名という。

明治23年(1890年)、地元の小学校を卒業後に上京、東京開成中学校に入学するが、翌年東京美術学校普通科に編入する。ここで同校教授の下村観山の強い影響を受け、以後画家としての人生を観山と共に歩むことになる。またこの頃、川端玉章の画塾天真社で学ぶ。

明治29年(1896年)9月に卒業後も同校に留まり、日本画研究科へ進む。同年日本絵画協会第一回展に「貫定卿旧都観月」で二等褒状を受ける。

明治31年(1898年)2月には平泉中尊寺金色堂修復に助手として参加。同年10月に創立された日本美術院に参加、最初は副員だったがのち正員となる。

明治35年(1902年)頃から先輩の下村観山との強い絆が生まれたようで、谷中初音町の八軒家に観山や大観と共に住み、朦朧体への批判で世評が厳しくなった美術院を支える中心作家としての立場が明快になっていく。

明治39年(1906年)、観山の推挙により天心らの五浦移転に、一家をあげて同行する。武山の代表作の多くはこの五浦時代に描かれており、後半期の画業の主流となる仏画も並行して描き始めた。

大正3年(1914年)、大観・観山らと共に日本美術院を再興、経営者、評議員、同人の三役を兼ね、以後中心的存在として院の経営に尽力した。昭和12年(1937年)、脳内出血で倒れ郷里笠間で静養、病で右手の自由が利かなくなったため左手で絵筆を執り、「左武山」の異名をとる。

昭和17年(1942年)、喘息のため死去。法名は泰霊院映誉広彩武山居士。作品初期は歴史画が多く、25歳頃から主に花鳥画を描く。大正初期は琳派の手法を用いた壮麗な作風が特徴的である。

1916年(大正5年)、笹川臨風と共に大和巡りをした際、観心寺の如意輪観音坐像に驚嘆したのを切っ掛けに、後年は仏画を多く描いた。優れた色彩感覚を持ち、日本美術院きってのカラリストと評された。

以上、資料引用

 

【武藤 孤舟(むとう こうしゅう)】

1911年生まれ、東京都出身

武蔵野美術大学(帝国美術学校)・川端画学校、卒業

国際芸術文化賞、国際芸術祭大賞、雪舟国際美術大賞展大賞

日仏アーティスト大賞、日中書法芸術大賞

その他、数々の国際展・国内展にて受賞

日本文化振興会名誉会員、雪舟国際美術協会会長

以上、資料引用

2013年12月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら