埼玉県 戸田市のお客様から版画(石川滋彦や西田忠重)をお譲り頂きました

 石川滋彦 リトグラフ  西田忠重 木版画

 

引っ越しを控えたお荷物の整理のご依頼で伺いしました。emoji334.gif

主に風景が描かれた版画を収集されていたようで、「石川滋彦」の穏やかな湖畔の光景が描かれたリトグラフや、堂々とした富士の姿が描かれた「西田忠重」の木版画など多数の作品を買い取らせ頂きました。

その他に、ご不用となっていた贈答品や置物などもまとめてお引き取りすることとなり、お客様のご想定以上の金額を提示することができお喜び頂きました。

お忙しい中、親切にご対応頂き感謝いたします。

ありがとうございました。icon_biggrin.gif

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【石川滋彦(いしかわ しげひこ)】

1909年 東京都生まれ。

1927年 東京美術学校西洋画科に入学(岡田三郎に師事)。

1929年 第10回帝展に初入選。

1935年 光風会展光風賞受賞。

1936年 東京美術学校研究科終了。

1938年 文展特選。

1939年 文展連続特選。光風会会員となる。

1940年 海洋美術展で海軍大臣賞受賞。

1941年 文展無鑑査となる。

1947年 新制作会会員となり、以後新制作展出品。

1957年 欧州作品展を開催、以来ほぼ毎年個展開催。

1975年 画集「石川滋彦・人と作品」刊行。

1986年 第10回長谷川仁記念賞受賞。

1994年 逝去 享年84歳。

以上、略歴引用

 

【西田忠重(にしだ ただしげ)】

1942年生まれ、鹿児島県奄美大島出身。

1942 鹿児島県奄美大島に生まれる。

1958 望月信成に油彩画を従事。

1961 二科展初入選(67年まで5回入選、金賞1回)。

1963 二科展・読売アンダーパンダー展に出品。

1965 岩崎巴人に日本画を従事。ドイツ表現派東京展に招待出品。日本表現派展(69年まで出品)。

1985  NYギャラリー91にて、企画展招待出品(同86年)。

1992  第三十七回CWAJ現代版画展に初出品。

1993  招待作家絵画展に日本画出品。個展開催。

以上、資料引用

2013年12月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら