埼玉県 所沢市で「黒沢信男」の油絵(洋画)や「前田青邨」の版画を買い取らせて頂きました

 黒沢信男 油絵 秋の水辺  前田青邨 紅白梅 版画

遺品整理のご依頼で伺いました。

紅葉に彩られた秋の水辺の光景が描かれた「黒沢信男」の油絵(洋画)や、咲き誇る紅白梅の姿が描かれた「前田青邨」の版画の他、国内作家の油絵や書の扁額、象牙の置物、陶磁器の大壺などをまとめてお譲り頂きました。

事前に査定する品物を一つの部屋に集めて頂きましたので、効率良く査定を進めることが出来ました。

また、部屋の空調や飲み物などもお気遣い頂き、ありがとうございました。emoji206.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【黒沢信男】
1930年 埼玉県本庄市に生まれる
1947年 白日展初入選
1949年 東京芸術大学美術学部入学
1952年 日展初入選(以後毎年出品)
1959年 白日会会員となる
1973年 安井賞展入選(同 '74)
1979年 白日会記念展内閣総理大臣賞
1992年 日展特選
1996年 白日展中沢賞
以上、略歴引用

【前田青邨】
1885年 岐阜県に生まれる。本名は廉造。
1898年 上京し、叔父の営む東京本郷根津の「東濃館」に居住。
1901年 尾崎紅葉のすすめで梶田半古の画塾に入門。
1902年 日本絵画協会共進会で「金子家忠」が3等褒状。半古から「青邨」の号をもらう。
1906年 巽画会に参加する。
1907年 紅児会に参加する。
1908年 国画玉成会展で「囚はれたる重衡」が3等賞首席。
1910年 紅児会に「市」を出品。
1911年 第5回文展に「法華経」「竹取」を出品し褒状を受ける。
1914年 再興日本美術院展に「湯治場」「竹取物語」を出品し、同人に推挙される。
1918年 日本美術院評議員に推挙される。
1922年 小林古径と渡欧し、ローマ、フィレンツェ、パリに滞在。
1950年 東京芸術大学の教授となる。
1955年 文化勲章受章。
1967年 法隆寺金堂壁画再現の総監修に安田靫彦と就任。
1972年 高松塚古墳壁画模写の総監督に委嘱される。
1977年 死去。享年92歳。
以上、略歴引用

2014年7月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら