東京都 東村山市で「鈴木信太郎」や「服部正一郎」の作品を買い取らせて頂きました

鈴木信太郎 色紙 柘榴  服部正一郎 桃 色紙

ご自宅のリフォーム前の品物整理のご依頼で伺いました。

熟した柘榴(ザクロ)の果実が描かれた「鈴木信太郎」の色紙や、淡い色彩でふっくらとした桃が描かれた「服部正一郎」の色紙の他、水彩画やパステル画をお譲り頂きました。

予め品物を一つの部屋に集めて頂いていたので、スムーズに査定・買取を進めることが出来ました。

お気遣い頂きありがとうございました。b07.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【鈴木信太郎】
1895年 東京都八王子に生まれる
1910年 白馬会研究所で黒田清輝に師事、織物図案の仕事に従事。
1916年 文展に入選
1922年 二科展に入選、石井柏亭に師事
1926年 二科展で樗牛賞受賞
1936年 二科会会員となる
1955年 野間仁根らと一陽会を結成。
1960年 日本芸術院賞受賞
1969年 日本芸術院会員となる
1989年 死去
以上、略歴引用

【服部正一郎】
1929年  日本美術学校洋画科を卒業。第16回二科展に初入選
1936年  宮本三郎、田村孝之介、田崎廣助らと新美術家協会に参加
1937年  二科会会友となる
1941年  二科会会員となる
1943年  二科会評議員に就任
1952年  会員努力賞を受賞
1968年  第52回二科展出品作『水郷』で日本芸術院賞を受賞
1978年  二科会常任理事を務める
1983年  勲四等旭日小綬章を受章
1987年  日本芸術院会員となる
1992年  勲三等瑞宝章を受章
以上、略歴引用

2014年7月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら