埼玉県 蕨市で「中澤(中沢)一僑」や「児玉三鈴」の作品を買取らせて頂きました

中澤(中沢)一僑 牡丹  児玉三鈴 富士

ご自宅のリフォーム前の品物整理のご依頼で伺いました。

大輪の花を咲かせた牡丹が描かれた「中澤(中沢)一僑」の日本画や、堂々とした富士の姿が描かれた「児玉三鈴」の作品の他、唐木の架台や銅器の香炉などをお譲り頂きました。

お忙しい中、ご親切にご対応頂きありがとうございました。

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【中澤(中沢)一僑】
1900年、埼玉県川越市に生まれる。
南画家「松林桂月」、日展理事を務めた「中村岳陵」をはじめ、日本画家小茂田青樹らに師事。
東京・一ツ橋に住んだことから一橋と号し、のちに「一僑」と改号。
1930年 再興第十七回日本美術院展覧会で「枯藪」が初入選、
1936年 改組第一回帝国美術院展覧会に「梅」が入選(山梨県立美術館に収蔵)
1937年 院友に推挙された。
1973年 73歳没
以上、略歴引用

【児玉三鈴】
1915年 児玉三鈴、長野県に生まれる。
      元青龍社社人、川端龍子に師事。
      第12回展で文部大臣賞、山種賞。
1972年 紺綬褒章授章。
1984年 国際芸術文化賞。
1986年 勲四等瑞宝章。
2002年 死去。
以上、略歴引用

2014年5月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら