東京都 品川区で「三代 諏訪蘇山」や「坪島土平」の作品を買取らせて頂きました

諏訪蘇山 花器  坪島土平 角皿

遺品整理のご依頼で伺いました。

可愛らしい花の紋様が施された現代的なデザインの「三代 諏訪蘇山」の青磁花器や、梅の紋様が施されたスッキリとした「坪島土平」(廣永窯)の角鉢の他、有田焼や薩摩焼の陶磁器をお譲り頂きました。

お忙しい中、親切にご対応頂きありがとうございました。emoji200.gif

なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【三代 諏訪蘇山】
1932年 二代 諏訪蘇山の弟・米沢蘇峰の次男として京都に生まれ、二代の養子となる。(本名:修)
1955年 京都市立美術大学陶磁器科を卒業
1960年 中村弘子と結婚
1970年 三代 諏訪蘇山を襲名
1971年 光風会審査員に就任
1976年 京都市美術展審査員に就任
2002年 古希を機に三女・公紀に家督を譲って隠居し、「玄心」と改名
2005年 死去
以上、略歴引用

【坪島土平】
1929年 大阪市に生まれる。
      大阪市立錦城南商業学校卒業。
1946年 川喜田半泥子に師事。
1963年 川喜多半泥子没後、廣永陶苑を継承。
1967年 大阪高島屋にて個展開催(以後毎年開催)。
      日本橋高島屋にて個展開催(以後隔年開催)。
1968年 横浜高島屋にて個展開催(以後隔年開催)。
1995年 大阪高島屋にて30回記念展開催。
1998年 横浜高島屋にて古希展開催。
1999年 大阪高島屋にて古希展開催。
2000年 JR名古屋高島屋にて個展開催(以後毎年開催)。
2005年 大阪高島屋にて40回記念展開催。
2006年 大阪高島屋にて喜寿記念展開催。
以上、略歴引用

2014年5月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら