埼玉県 さいたま市浦和区で「坪島土平」や「高内秀剛」の作品をお譲り頂きました

 坪島土平 飾皿  高内秀剛 向付

引っ越しのため、ご不用となった品物の整理のご依頼で伺いました。

草原を飛び交う鳥の絵付けが施された「坪島土平(廣永窯)」の角皿や、淡い白釉が施された「高内秀剛」の向付(小鉢)の他、益子焼や笠間焼の陶磁器を買い受けさせて頂きました。

梱包や運び出しをお手伝い頂き、ありがとうございました。icon_biggrin.gif

なお、下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【坪島土平】
1929年 大阪市に生まれる。
      大阪市立錦城南商業学校卒業。
1946年 川喜田半泥子に師事。
1963年 川喜多半泥子没後、廣永陶苑を継承。
1967年 大阪高島屋にて個展開催(以後毎年開催)。
      日本橋高島屋にて個展開催(以後隔年開催)。
1968年 横浜高島屋にて個展開催(以後隔年開催)。
1995年 大阪高島屋にて30回記念展開催。
1998年 横浜高島屋にて古希展開催。
1999年 大阪高島屋にて古希展開催。
2000年 JR名古屋高島屋にて個展開催(以後毎年開催)。
2005年 大阪高島屋にて40回記念展開催。
2006年 大阪高島屋にて喜寿記念展開催。
以上、略歴引用

【高内秀剛】
1937年 東京に生まれる。
1968年 栃木県益子町に築業。
1972年 日本伝統工芸展に入選する。
1973年 日本陶芸展に入選する。
1976年 現代日本陶芸展に入選する。
1980年 ヴァロリス国際ヴィエンナーに出品しヴァロリ文化芸術協会賞を受賞する。
1983年 ヴィクトリア&アルバート美術館にて「ジャパンセラミックストゥデイ」に出品する。
1989年 栃木県文化奨励賞を受賞する。
1992年 パリにて日本の陶芸「今」百選展に出品する。
1995年 ヴィクトリア&アルバート美術館にて「ジャパンスタジオクラフト展」に出品する。
1996年 NHKやきもの探訪展に出品する。
1997年 デンマーク工芸美術館にて「コンテンポラリーティーポット展」に出品する。
2000年 東京国立近代美術館工芸展にて「うつわをみる 暮らしに息づく工芸展」に出品する。
2003年 東京都庭園美術館にて「現代日本の陶芸 受容と発信展」に出品する。
以上、略歴引用

2014年4月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら