東京 町田市で宮田三郎・宮田三郎の木版画を買い取らせて頂きました

 宮田三郎 木版画(奥入瀬)  高木志朗 木版画(草原風景)

版画の買い取りのご依頼を頂きました。emoji334.gif

奥入瀬が描かれた「宮田三郎」氏の木版画と、草原の風景が描かれた「宮田三郎」氏の木版画など数点の版画をお譲り頂きました。

2点の木版画とも、絵本の挿絵のような温かみのある独特の画風が印象的です。emoji200.gif

ありがとうございました。

なお、参考として下記に作者の経歴を記載させて頂きます。

【宮田三郎(みやたさぶろう)】

1924年(大正13)長野県北安曇郡美麻村(現:大町市)生まれ。

長野県師範学校卒業後、大町市で教員生活をしながら制作に励み、県展等で活躍。

その後上京し、兄の経営する渋谷区のサングウ日本美術材料店を手伝い、同所に東京版画研究所を開設、木版画を研究・新材料の開発に務めた。

1970年代からは、毎年一集(20景)を目標に、十数年を費やして「日本の風景」全十二集および番外「続信州」、「続々信州」の計十四集を完成。

紺綬褒章受賞

以上、資料引用

 【高木志朗(たかぎ しろう)】

1934 南津軽郡常盤村に生まれ

1957 第1回東京国際版画ビエンナーレ展出品

日本版画協会展 入選

1958 スイス・グレヘン色彩国際版画トリエンナーレ展 「2人 No.2」受賞

日本版画協会会友推挙 国展 入選

1960 国画会会友推挙

講談社発行「現代版画全集」に作品「6月の森」掲載

第28回日本版画協会展「森の精」

1961 第29回日本版画協会展 日本版画協会会員推挙

1962 第30回日本版画協会展 「作品Work」

国画会 会員推挙

1965 パリ青年ビエンナーレ展日本代表出品

スイス・ザイロン国際木版画展

国展会友 優作賞 会員推挙

1967 サンパウロ国際版画ビエンナーレ展 日本代表出品

1968 ポーランド・クラコウ国際版画ビエンナーレ展「日本と社会」のテーマ部門でグランプリ受賞「日本の鬼」

1972 個展  北の街社、道標社:共催  青森市(9/7-10)、田中屋画廊/弘前(9/14)

1998 歿

2001 3人展 (岡田まりゑ・山中 現・高木志朗) ギャラリーあるち/青森

2002 版画の街・あおもり 青森版画展

協賛 関野凖一郎・高木志朗 版画小品二人展  五拾壱番館ギャラリー/青森

2003 版画で描く青森の四季    五拾壹番館ギャラリー/青森

個展・グループ展 多数

以上、資料引用

2013年11月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら