東京都 町田市で「北岡文雄」の木版画や青磁の耳付花瓶を買受けさせて頂きました

北岡文雄 木版画 紅葉 青磁 耳付花瓶

ご自宅に保管されていた品物の出張買取のご依頼で伺いました。
紅葉の木々に彩られた森の様子が描かれた「北岡文雄」の木版画や、伝統的な耳付の青磁花瓶の他、彫刻作家のレリーフ、国内外作家の絵画(油絵)や版画、茶道具(茶碗・急須)、古銭などをお譲り頂きました。
事前のお問合せで査定金額を提示したところ、後日、ご用命を頂くことが出来ました。
お問合せから当日の訪問時まで丁寧にご対応頂き御礼申し上げます。
このたびは弊社をお選び頂き、ありがとうございました。hiyo02.gif
なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。
【北岡文雄】
昭和~平成時代の版画家として知られる(東京美術学校(現東京芸大)卒)
1918年 1月11日生まれ
平塚運一に木版画をまなぶ
1955年 渡仏し、木口(こぐち)木版の技法を習得
恩地孝四郎の影響をうけ抽象的な作品を発表,のち日本の風土に根ざした風景版画に取組む
スイスのルガノ国際版画展、サンパウロ-ビエンナーレなど海外の国際展でも受賞。
2007年 4月22日死去(89歳)
以上、資料引用

2017年10月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら