東京都 北区で「北村西望」の仏像をご売却頂きました

北村西望 ブロンズ 観音像

ご自宅の品物整理のご依頼で伺いました。
穏やかな表情たたずむ姿が印象的な「北村西望」のブロンズ の観音像の他、木彫の仏像や置物、銅製の香炉、漆器などをお譲り頂きました。
訪問前のお電話でのご相談では、漆器に関するお話しでしたが、お客様が処分をご検討している品物の中に、買取可能な品物が多く見つかりお譲り頂くこととなりました。
弊社による買取や引取により、お客様の想像以上にご自宅の片付け・整理が進みお喜び頂きました。b_body_jump.gif
このたびは、弊社にお声掛け頂きありがとうございました。icon_biggrin.gif
なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。
【北村西望】
1884年 長崎県南高来郡南有馬村(現・南島原市)に生まれる
1903年 京都市立美術工芸学校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)入学。
1907年 京都市立美術工芸学校卒業後、上京し東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学
1915年 兵役除隊後、本格的に美術の道へ進み、初期の代表作「怒涛」制作。文展で二等賞に入賞。
1916年 同朋である建畠大夢らと美術研究サークル「八手会」(やつでかい)を結成
1921年 東京美術学校塑造部教授となる
1931年 京都市立美術工芸学校教諭となる
1953年 東京都内の井の頭公園の土地を借用して個人のアトリエを建設
1955年  5年がかりで制作してきた長崎平和祈念像が完成、長崎市に納品
1958年 文化勲章受章、文化功労者顕彰
1962年 武蔵野市名誉市民となる
1969年 紺綬褒章受章。社団法人日展会長に就任
1972年 島原市名誉市民となる。市内に記念館開設
1974年 日展名誉会長となる
1979年 生地の南有馬町の名誉町民となる。町内に西望公園が設置された
1980年 東京都名誉都民となる
1981年 長崎県名誉県民となる
1987年 3月4日逝去。享年104(満102歳没)
以上、略歴引用

2017年7月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら