東京都 中野区で「藤田嗣治」の版画を買い受けさせていただきました

藤田嗣治 版画 女性

お引越し前の品物整理と遺品買取のご相談で伺いました。
三人の女性が描かれた「藤田嗣治」の版画の他、国内外作家の絵画、茶道具、鉄瓶などをお譲り頂きました。
即日のご依頼でしたが、弊社が伺うまでにご依頼品を一箇所に集めていて頂きましたおかげで、訪問後はスムーズに作業を進めることが出来ました。
ご配慮とご協力に感謝致します。ありがとうございました。icon_biggrin.gif
なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。
【藤田嗣治】
1886年 東京市に生まれる。
1893年 東京高等師範学校付属小学校に入学
1900年 東京高等師範学校付属中学校に入学
1905年 中学校卒業後、東京美術学校の西洋画科に入学
1910年 東京美術学校西洋画科本科を卒業
1911年 東京勧業展覧会に出品
1912年 光風会第1回絵画展覧会で入選
1913年 渡仏しモジリアニやスーチンと交遊
1917年 パリで初の個展を開催し、その後ヨーロッパ各国で個展を開催
1920年 渡仏以来の研究の結晶である裸体を秋のサロンに出品
1921年 サロン・ドートンヌの審査員に挙げられ、黄金時代が展開される
1923年 サロン・デ・チュイルリーの会員となる
1924年 帝展に「静物」を出品
1925年 レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。
1927年 銅版画1点がルーブル美術館に収められる。
1929年 17年ぶりに帰国し、東京朝日新聞社屋で個展を開催
1930年 パリに帰った後、ニューヨークに渡って個展を開催
1931年 パリに引き揚げた後、ブラジルへ旅立つ
1934年 日動画廊で個展。二科会会員に推挙される
1943年 朝日文化賞受賞
1955年 フランス国籍を取得。日本芸術院会員を辞任
1957年 レジオン・ドヌール四等勲章を贈られる
1959年 カトリックの洗礼を受ける。洗礼名は「レオナルド」 ベルギー王立アカデミー会員となる
1968年 スイス(チューリッヒ)で死去(81歳)
以上、略歴引用

2017年7月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら