千葉県 浦安市で銀製の急須や「中里隆」「中里太郎右衛門」「高鶴元」「高鶴淳」の陶芸作品をご売却頂きました

銀製 急須
中里隆 盃 中里太郎右衛門 ぐい呑
高鶴元 花器 高鶴淳 花瓶

お引越し前の品物整理のご依頼で伺いました。
銀製の小さな急須や、「中里隆」「中里太郎右衛門」の酒器(盃)、「高鶴元」「高鶴淳」の花器の他、現代陶工作家の陶芸品、漆器、中国の木彫、ブロンズ像、茶道具などをお譲り頂きました。
事前のご相談で駐車場の手配をして頂きましたおかげで、当日はスムーズに作業を進めることが出来ました。
ご協力とご配慮に感謝致します。ありがとうございました。hiyo02.gif
なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。
【中里隆】
1937年 十二代 中里太郎右衛門の五男として唐津に生まれる
1959年 京都市立工芸指導所に学ぶ
1960年 京都清水坂の松風栄一に入門する
1961年 佐賀県立窯業試験場で井上萬二らに指導を受ける
1971年 小山富士夫の薦めにより種子島へ渡島。西之表市に築窯する(種子島焼)
1972年 小山富士夫の築窯を手伝う
1974年 唐津に帰り、隆太窯を築窯。越前と、沖縄県読谷でも作陶する
1985年 日本陶磁協会主催、現代陶芸選抜展賞受賞
1990年 北海道滝川にて青磁・白磁を作陶する
1996年 デンマーク、ロイヤルコペンハーゲンから招待を受ける。コロラド州アンダーソンランチセンターから招待を受ける。
2005年 ニューヨークにてマルコム・ライト、中里太亀、中里花子と唐津展を開催
以上、略歴引用
【十四代 中里太郎右衛門】
昭和32年 十三代 中里太郎右衛門の長男に生まれる
昭和54年 武蔵野美術大学 造形学部彫刻学科 卒業
昭和56年 同大学大学院 修了
昭和58年 十三代 中里太郎右衛門陶房にて作陶を始める
昭和59年 第16回日展にて叩き青唐津手付壺「貝緑」初入選
平成12年 第5回アジア工芸展にて文部大臣賞 受賞
平成14年 十四代 中里太郎右衛門を襲名
平成15年 第50回日本伝統工芸展にて「叩き唐津焼締壺」入選
平成17年 第52回日本伝統工芸展にて「唐津井戸茶碗」入選
平成19年 日本工芸会正会員となる
平成23年 唐津市政功労者表彰を受ける、紺綬褒章受章
以上、略歴引用
【高鶴元】
1938年 高鶴夏山の長男として福岡県に生まれる
1957年 佐賀県立有田工業高校窯業科を卒業
1961年 西日本工芸展にて福岡県教育委員長賞を受賞
1965年 独立し築窯
1968年 日本伝統工芸展にて日本工芸会会長賞を受賞
1969年 日本伝統工芸展にて日本工芸会会長賞を受賞
1975年 日本陶磁器協会賞を受賞
以上、略歴引用
【高鶴淳】
1940年生まれ
薪窯(しんよう)窯
師匠:十三代坂田泥華
以上、略歴引用

2017年7月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら