東京都 大田区で版画(北野恒富・橋口五葉)をお譲り頂きました

 北野恒富 木版 美人  橋口五葉 木版 美人

 遺品整理のご依頼で伺いました。

色気が漂う妖艶な表情の女性が描かれた「北野恒富」の作品や、化粧をする女性の姿が表現された「橋口五葉」の木版画の他、「徳力富三郎」や「笠松紫浪」の版画などを買い取らせて頂きました。

一枚一枚大切に保管されていたようで作品の状態も良く、お客様がご満足頂ける査定金額を提示することができました。

親切にご対応頂き感謝致します。

ありがとうございました。emoji200.gif

なお、作者の経歴を下記に記載させて頂きます。

【北野恒富(きたの つねとみ)】
明治-昭和時代(1880-1947)の日本画家。  
金沢市に生まれる。
本名:富太郎。
明治25年(1892)版下業の西田助太郎に彫版を学ぶ。
明治30年北国新報社の彫刻部に勧めるが、退社して大阪に出る。
翌年、月岡芳年の弟子で日本画家の稲田年恒に師事し、浮世絵を学ぶ。
その後梶田半古から新しい風俗画を学ぶ。
明治34年大阪新報社に入社して挿し絵を描くが、明治44年第5回文展で3等賞を受賞する。
明治43年文展で「すだく虫」が初入選。
大正元年(1912)大正美術会を設立。
大正3年日本美術院再興とともに院展に出品、翌年大阪美術会を設立。
大正6年日本美術院同人となる。
昭和22年5月20日死去。68歳。
美人画が得意で門下に中村貞以がいる。写生を基礎として恒富の美人画風俗画は、平明な親しさと余韻を持つ。
以上、略歴引用

【橋口五葉】
1881-1921
鹿児島市の生まれ。 
1899年に上京してはじめ橋本雅邦に日本画を学びますが、まもなく洋画に転じて東京美術学校へ進みました。
油絵修業のかたわら図案にも才を発揮、 1905年には『吾輩ハ猫デアル』(夏目漱石著)で装幀家としてデビュー、以後アール・ヌーヴォーを基調とした優美な装本の数々を世に送りました。
1911年の三越呉服店による懸賞広告画募集では1等となって話題をさらい、同じ頃から錦絵の研究・復刻にも取り組んでいます。
1915年の渡邊版《浴場の女》を経て《化粧の女》や《髪梳ける女》に代表される珠玉の私家版木版を残し、41歳の若さで没しました。
以上、略歴引用

なお、天気予報によると、明日は先週に続き再び大雪の可能性があるため、明日をご希望されていたお客様には日程の変更をお願いしました。kaeru_snow.gif

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解頂き御礼申し上げます。kouji-ani.gif

2014年2月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら