さいたま市 浦和区で「吹田文明」や「橋本興家」の木版画を買い受けさせて頂きました

吹田文明 木版 大判  橋本興家 庭園 木版

処分をご検討されていた品物の引取りのご依頼で伺いました。

穏やかな水面が描かれた「吹田文明」の大判作品や、伝統的な日本庭園が描かれた「橋本興家」の木版画の他、蒔絵が施された漆器や銅器の仏像、木彫の置物などをまとめてお譲り頂きました。

お客様は処分料が必要になるとご心配されていましたが、金額を提示させて頂きお喜び頂きました。

ご親切にご対応頂きありがとうございました。emoji200.gif

なお、作者の経歴を下記に記載させて頂きます。

【吹田文明】
1926年 徳島県に生まれる。
徳島師範学校(現徳島大学)に学ぶ。
1948年 徳島県の研究派遣生として、東京芸術大学に学ぶ。
1957年 日本版画協会展で恩地賞を、翌1958年協会賞を受賞し会員に推挙される。
1959年 シェル美術賞展佳作。
1960年~68年 東京国際版画ビエンナーレ展に招待出品。
1961年 第2回パリ青年美術家ビエンナーレ展出品。
1965年 ノースウエスト国際版画展大賞受賞。
1967年 サンパウロ・ビエンナーレ展で最高賞を受賞。
1968年 ジャパン・アート・フェスティバル展に出品
1969年 多摩美術大学教授、
1992年 日本初の版画科を創設。
1989年 春の叙勲にて紫綬褒章を授章。
1994年 日本版画協会理事長、
2004年 日本美術家連盟理事長を歴任。
星座、花火、花、蝶などのモチーフを抽象的に表現。
水性絵具と油性絵具を木版プレスで摺り重ねることで、洗練された深味のある色彩が特徴。
以上、略歴引用

【橋本興家】
昭和-平成時代の版画家(1899-1993)
明治32年10月4日生まれ。鳥取県出身。
東京美術学校(現東京芸大)卒。
昭和12年国画会展に初出品し,13年新文展で初入選。
31年 教職を辞して木版画に専念。
49年 日本版画協会理事長。
庭,風景などをモチーフとし,とくに城をこのんだ。
平成5年8月18日死去。93歳。
以上、略歴引用

2014年2月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら