群馬県 伊勢崎市で「大山忠作」や「山口華楊」の木版画を買取らさせて頂きました

大山忠作 木版画 富士と鶴 山口華楊 椿

版画や絵画などの出張買取のご依頼で伺いました。
雄大な富士山を背景に優雅に羽ばたく鶴の姿が描かれた「大山忠作」の木版画や、咲き誇る紅白の椿が描かれた「山口華楊」の木版画の他、国内外の作家の絵画(油絵・日本画)や版画(リトグラフ・銅版画)、銅製の置物、陶磁器の壺・皿、贈答品などをまとめてお譲り頂きました。
ご依頼品が多く、査定・梱包・積み込みにお時間を頂くこととなりましたが、ご快諾頂き感謝致します。
このたびは弊社をご用命頂きありがとうございました。emoji200.gif
なお、作者の経歴を下記に紹介させて頂きます。
【大山忠作】
1922年 福島県に生まれる
1943年 東京美術学校(現東京芸術大学)卒業
1947年 「山口蓬春」氏に師事
1952年 第8回日展特選・白寿賞(同1955年)及び朝倉賞受賞
1967年 翌年にかけて法隆寺金堂壁画再現模写に従事
1973年 日本芸術院賞受賞
1984年 大山忠作襖絵展(日本橋三越・福島県文化センター)
1992年 成田山聖徳太子堂壁画展
1996年 勲三等瑞宝章受章
1999年 文化功労者
以上、略歴引用
【山口華楊】
1899年 京都府京都市に生まれる。本名「米次郎」
1912年 西村五雲氏に師事
1916年 京都市立絵画専門学校入学。第10回文展で「日午」が初入選
1919年 竹内栖鳳の画塾、竹杖会に参加
1926年 京都市立絵画専門学校の教員となる
1927年 第8回帝展で「鹿」が特選となる
1928年 第9回帝展で「猿」が特選となる
1938年 晨鳥社結成
1941年 京都市立美術館で晨鳥社第1回展を開く
1942年 京都市立絵画専門学校教授となる
1950年 日展参事となり審査員を務める
1956年 前年の第11回日展出品作「仔馬」が日本芸術院賞受賞
1971年 日本芸術院会員となる
1980年 文化功労者として顕彰される
1981年 文化勲章受章
1984年 死去(享年84歳)
以上、略歴引用

2017年6月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら