東京都 練馬区で「片岡球子」の版画や「千住博」の陶板額(ロイヤルコペンハーゲン)をご売却頂きました

片岡球子 赤富士 千住博 ロイヤルコペン 夜の森

お引越し前の出張買取のご依頼で伺いました。
堂々とした赤富士の姿が描かれた「片岡球子」の版画や木々の間から夜空を見上げる光景が描かれた「千住博」の陶板額(ロイヤルコペンハーゲン)の他、有名作家の画集などをお譲り頂きました。
お引越しの準備でお忙しい中、ご親切に対応頂き感謝致します。
ありがとうございました。emoji200.gif
なお、下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。
【片岡球子】
1905年 1月5日北海道札幌市に生まれる
1926年 女子美術専門学校(現・女子美術大学)日本画科卒業
神奈川県横浜市立大岡尋常小学校教諭となり、創作を続ける
1930年 院展初入選
1952年 日本美術院同人推挙
1965年 女子美術大学教授となる
1966年 ライフワークとなる〈面構〉シリーズを発表
1975年 日本芸術院恩賜賞受賞
1986年 文化功労者に叙せられる
1989年 文化勲章を受章
2008年 逝去 (享年103歳)
以上、略歴引用
【千住博】
1958年 1月7日 東京に生まれる
1982年 東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1987年 同大学院博士課程修了
1989年 「千住博画集」(求龍堂グラフィックス)刊行。
1993年 絵本「星のふる夜に」(冨山房)刊行。ニューヨーク・アートディーラーズ・フェアに出品。
1995年 彫刻の森美術館「千住博 Waterfalls&Glasses 展」(箱根)。ロンドン現代美術館「ビューティフルプロジェクト」展。
1996年 バーゼル・アート・フェアに出品
1997年 大徳寺聚光院別院襖絵制作に着手
以上、略歴引用

2017年6月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら