東京都 渋谷区で人間国宝「十四代 酒井田柿右衛門」の作品をお取引きさせて頂きました

柿右衛門 錦 花瓶

ご自宅の品物整理のご依頼で伺いました。

伝統的な日本画の花鳥図のような絵付けが施された「十四代 酒井田柿右衛門」(人間国宝)の花瓶の他、有田焼、平戸焼、九谷焼、薩摩焼、瀬戸焼、織部焼など日本各地の陶磁器をお譲り頂きました。

こわれものが多く、査定や梱包にお時間を頂くこととなりましたが、快くご対応頂き感謝いたします。

このたびは弊社をご利用頂きありがとうございました。icon_biggrin.gif

なお。下記に作者の経歴を紹介させて頂きます。

【十四代 酒井田柿右衛門】
佐賀県西松浦郡有田町で、十三代の息子として生まれる。
絵付けの基礎となる部分を会得するため多摩美術大学日本画科で日本画を学び、卒業後帰郷して父親に弟子入
下積みを重ね父と祖父(先々代)が蘇らせた“濁手”(にごして)の技法なども学ぶ。
1971年 改名前の本名の酒井田正(さかいだまさし)名義で日本工芸会会員となり、この後のほぼ10年間は本名で公募展や個展に出品
1982年 父の死を受け十四代目を襲名
1983年 アメリカで「クローズ・アップ・オブ・ジャパン・イン・サンフラシスコ」にて海外で初出品し、サンフランシスコ市長から名誉市民号を贈られ、国内だけでなく海外で高い評価を集める
2001年 重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定された。また広く後進の育成にも力を入れ、大学で教える
2011年 Jリーグの地元クラブ・サガン鳥栖のデザインアドバイザーに就任
2008年 癌が見つかり治療しながら活動
2013年 5月死去(JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」の洗面所に使用されている洗面鉢が遺作となった)
以上、略歴引用

2018年1月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ メール無料見積り「お客様のご自宅まで無料にて出張いたします。ご都合・状況に合わせて柔軟に対応します。」 WEBからの買取のご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせは0120-231-731

受付時間:10:00~19:00 
定休日:無休

骨董品・古美術品買取「ぎゃらりー彩」 出張買取対応エリア

東京・埼玉・千葉・神奈川を中心に承ります。詳しくは出張買取対応エリアをご確認下さい。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承下さい。

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら