埼玉県 深谷市で「濱田庄司(浜田庄司)」の花器や「佐伯守美」の酒器をご売却頂きました

浜田庄司 花生 佐伯守美 盃

ご家族が収集された陶磁器のご相談で伺いました。

素朴な絵付けが施された「濱田庄司(浜田庄司)」の花生(花器)や、幾何学的な紋様が施された「佐伯守美」の盃(酒器)の他、備前焼の茶碗(茶道具)をお譲り頂きました。

事前に査定に必要な資料をお送り頂くなど、ご協力頂きましたおかげで助かりました。

このたびはお取引頂き感謝致します。

ありがとうございました。emoji200.gif

なお、下記に作者の略歴を紹介させて頂きます。

【濱田庄司(浜田庄司)】
1894年 神奈川県川崎市に濱田久三の長男として生まれる(本名:象二)
1913年 東京府立一中を経て東京高等工業学校窯業科に入学。板谷波山に学ぶ
1916年 東京高等工業学校卒業し、河井寛次郎の勤める京都市立陶磁器試験場に入り釉薬の研究に携わる
1919年 柳宗悦邸にて柳、バーナード・リーチと交友する
1920年 リーチに同行して渡英。セントアイヴスにて築窯、作陶を行う
1923年 ロンドンにて個展を開催
1924年 帰国し、沖縄「壷屋窯」などで学ぶ
1926年 柳、河井らとともに「日本民藝美術館設立趣意書」起草に参加
1930年 栃木県益子に移り住み作陶を開始
1955年 民芸陶器にて重要無形文化財に指定される
1961年 柳の没後、日本民藝館の第二館長に就任
1964年 紫綬褒章を受章
1968年 文化勲章を受章
1977年 自身の蒐集した民芸品を展示した益子参考館を開館
1978年 死去(享年83歳)
以上、略歴引用

【佐伯守美】
1949年 8月4日彫刻家「佐伯留守夫」の長男として宇都宮に生まれる
1965年 宇都宮大学付属中学校卒業
1968年 栃木県立宇都宮東高等学校卒業
1971年 武蔵野美術大学商業デザイン科中退、東京芸術大学工芸科入
1975年 第15回伝統工芸新作展で初入選
1976年 国際陶芸展、第23回日本伝統工芸展で初入選
1977年 株式会社塙陶苑に入社
1980年 日本工芸会正会員となる
1981年 塙陶苑を退社し、栃木県芳賀町給部に独立築窯
1987年 東京芸術大学非常勤講師となる(~2001年)
2001年 文星芸術大学非常勤講師となる
2010年 日中韓芸術家交流事業に参加
以上、略歴引用

2017年12月に投稿したぎゃらりー彩の記事一覧

PAGE TOP

お問い合わせ メール無料見積り「お客様のご自宅まで無料にて出張いたします。ご都合・状況に合わせて柔軟に対応します。」 WEBからの買取のご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせは0120-231-731

受付時間:10:00~19:00 
定休日:無休

骨董品・古美術品買取「ぎゃらりー彩」 出張買取対応エリア

東京・埼玉・千葉・神奈川を中心に承ります。詳しくは出張買取対応エリアをご確認下さい。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承下さい。

電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら